ブログ

ギャンブルは罪なのか?ギャンブルを容認する宗教は?

ギャンブル業界が普及していくにつれて、ギャンブルの道徳的な意味について多くの議論が起こっています。人々は、携帯電話やコンピュータなどのスクリーン上でギャンブルをしており、何百万ドルものお金を賭けています。単なる好奇心からギャンブルしている方もいれば、ギャンブルに宗教的な解釈を探し求めている方もいるでしょう。ただし、ギャンブルを禁止していない宗教はあっても、ギャンブルを奨励している宗教はないことをまず知っておくべきでしょう。ここでは、信者数の多い宗教を取り上げて、それぞれの宗教によるギャンブルに対する考え方をご紹介します。宗教とは、個人的なものであり、神との個人的な関係というだけではありません。信仰が定めるルールは、書面上でも、精神上でも守られるべきです。どの宗教を信仰しているかにかかわらず、行って良いことと悪いことについて書かれたガイドラインがあります。ぜひこの機会にご覧ください。

仏教:

世界の主要宗教と比べると、仏教では、軽微で無害なゲームに対して、独自の解釈を持っています。仏教は、ギャンブル全般を禁止せず、容認しています。ただし、注意しなければならない点が一つあります。それは、ギャンブルを二つのカテゴリに分類しているということです。一つは、娯楽としての無害なギャンブルで、もう一つは、中毒性のあるギャンブルです。後者は禁止されており、仏教信者からは好ましく思われていません。そのうえ、仏教では、詩的正義やカルマと呼ばれるものが重視されています。因果応報という哲学的信仰があるので、ギャンブルも因果応報のようなものとして解釈される可能性があります。また、獲得賞金を寄付すれば、それもまた良いカルマをもたらすでしょう。

ヒンドゥー教:

単一の聖典があるわけではなく、ヒンドゥー教内部にも異なる信仰があります。それゆえ、ヒンドゥー教に関する本を解釈するのは、非常に難しい作業です。ヒンドゥー教は、信者に対してギャンブルをしないよう勧めています。しかし、特にお祭りの期間中には、ギャンブルが許される事例がいくつかあります。ヒンドゥー教で最も有力な信仰は、「自分のニーズに応じてお金を受け取り、すべての勝利は自分のカルマである」ということです。つまり、もしカジノで勝っているのなら、それは日々の行いの結果だと考えられます。

ヒンドゥー教:

キリスト教:

イエスは、演説の中で、賭博に言及したことがありません。そのため、キリスト教については明確ではありません。ただし、キリスト教会の立場としては、反対です。なぜなら、イエスは、物質的にはシンプルな生活を求め、お金を追求する生活には反対していたからです。しかし、お金を得るためだけではなく、友人に会うためや、社会交流の目的でギャンブルをしている場合は、まったくの別問題となります。さらに、ギャンブルで得たお金を、貧しい人々を助けるために使うのなら、上述の解釈が変わる可能性もあります。キリスト教社会においては、ギャンブルは非常に盛んです。

イスラム教およびユダヤ教:

イスラム教の文献のほとんどは、賭博を禁止しています。ただし、イスラム世界でギャンブルが行われた事例は存在します。イスラム教では、ギャンブルはハラーム(禁止)だと見なされています。ユダヤ教の場合も同様です。宗教指導者はギャンブルに反対していますが、ユダヤ人の間では非常に人気がありました。イスラム教とユダヤ教は、多くの点でとても似ています。

まとめ:
ギャンブルを全面的に支持する宗教は存在しません。しかし、ある特定の教えにとって有益である場合、ギャンブルの定義を好意的に解釈することも可能です。すべては、自分の捉え方次第です。ギャンブルをする人間として、仲間に対してどのような振る舞いをするかが重要なのです。